News
お知らせ

  • SDGs 活動報告
2022.11.18

【SDGsパートナー紹介】カフェ&ベーカリー × 障がい福祉でSDGs / カフェ ラ・スリーズ & ベーカリー ラ・スリーズ

【SDGsパートナー紹介】カフェ&ベーカリー × 障がい福祉でSDGs / カフェ ラ・スリーズ & ベーカリー ラ・スリーズ
ラ・スリーズは障がい者の支援を行う事業所で、接客や就労の訓練をする場として利用されています。
事業所は市内に2ヶ所あり、それぞれ店舗で「カフェ」、「ベーカリー」を営業しています。
商店街や、病院施設内に店舗を構えるラ・スリーズは、場所柄地域とのふれあいを大切にしながら営業されているそうです。




福祉事業所として、接客が苦手な方や体調が悪い方へは、その人に応じた支援が出来るよう心がけており、利用者が居心地よく作業出来るようにフォローされています。

実は、ラ・スリーズのように店舗型の福祉事業所は市内でも珍しく、ベーカリー  ラ・スリーズは市内で唯一の障がい福祉事業所が運営するパン屋さんです。パンの風味や香りが存分に感じられる柔らかいパンは、大変人気があります。





地域のカフェやベーカリーとして、また障がい福祉支援の場として人気のあるラ・スリーズですが、開所当初は慣れないお菓子やパン作り、店舗運営に困ることがたくさんあったそうです。



檜垣施設長:ラ・スリーズを支えてくれているのは地域の方々です。開所当初は、何から手をつければよいかわからないような状況でしたが、地域の方々からパンやスイーツの作り方を学びました。材料をおすそ分けしてもらうこともあり、地域の方の暖かさを感じました。
今でも地域の農園や農家さんから果物や材料を仕入れたり、いただくこともあり非常に助かっています。店舗が商店街の中にあることもあり、日頃から地域の一員であることを意識して運営しています。





地域の人との交流を楽しみながら店舗運営することで、地域経済やコミュニケーションが循環し西条の持続的な発展につながります。お茶をしたりパンを購入することで地域の循環や福祉支援に気軽に参加できる、ラ・スリーズに足を運んでみませんか?
 
  • 店舗情報

【カフェ ラ・スリーズ】

場所:西条市大町1630番地3
電話:0897−53−5131

【ベーカリーラ・スリーズ】
場所:西条市新田109―1
電話:0897-53-5820

SNShttps://www.instagram.com/lacerise.npo/
メール:lacerise0601@wing.ocn.ne.jp
※SNS&メールは共有