News
お知らせ

  • SDGs 活動報告
2022.11.11

【SDGsパートナー紹介】西条市の商店街 復活大作戦/小松高校

【SDGsパートナー紹介】西条市の商店街 復活大作戦/小松高校
小松高校では、3年生である生徒5人が「愛媛守り隊」を結成し、西条市の活気を取り戻そうと活動しています。



活気を取り戻すためにまず5人が注目したのは、7月の毎週土曜日に西条紺屋町商店街で行われている土曜夜市です。
人気が少なくなってきた土曜夜市を自分たちの力で活気を取り戻したいと思い、5人は土曜夜市に出店することを決めます。

出店するにあたり、企画から運営まで学生5人で力を合わせて取り組み、土曜夜市では椿クッキーの販売とSDGsゲームを開催することが決まりました。



椿クッキーの名前に入っている「椿」は、小松町のシンボルとして大切に受け継がれており、かつて儒学者で伊予聖人と呼ばれていた近藤篤山が好んでいました。

前身である小松高校は藩校「養正館」の跡地に建てられ、近藤篤山の教えは校是となり、庭園には椿が植えられています。
参考: 椿についてはこちらから

しかし、残念ながら新型コロナウイルス感染拡大の影響により土曜夜市への出店を辞退することになりました。
土曜夜市への参加はできませんでしたが、これまで行ってきた活動内容をえひめSDGs甲子園で発表したところ、なんと愛媛守り隊は3位に受賞しました。

その活動内容や成果発表も兼ね、愛媛守り隊は9月23日に行われたLOVESAIJOポイントマルシェに出展しました。
マルシェ当日は1個100円で椿クッキーを販売し、なんと開始1時間で完売しました。



―――これまでの活動を行ってきていかがでしたか?
「土曜夜市に参加できなくなった時は落ち込みましたが、今回マルシェに出展してリベンジできたので嬉しかったです。」

―――椿クッキーが1時間で完売した時の感想を教えてください。
「私たちもまさかこんなに早く完売するとは思っていなかったので驚きが隠せません。これまでの成果が報われた気がしました。」



LOVESAIJOポイントマルシェに出店することにより、西条市の活気を取り戻すことができたと笑顔で喜んでいた愛媛守り隊の5人。
これからも西条市を思う気持ちを忘れず、それぞれの進路に向かって一歩を踏み出してほしいです。

▼小松高校ホームページ
https://ehm-komatsu-h.esnet.ed.jp/